きゅうり

 

盛々夏野菜のハードエッセイ & ショートストーリー 【思想、心理、書評、劇評、感想、あらすじ】
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今までに知った悲しみのすべてと
今までに聞いた秘密のすべてについて
もしも私が大声で叫んだなら
誰かが重荷をひきうけてくれて
私の心は安らぐだろう
でも 私は何も言うまい

沈黙(静寂)と私
二人は同類
二人で語り合えるといいね 思っていることのすべてを

沈黙(静寂)と私
二人は同類
その夢はきっと実現できるだろう
(以下略)


奇跡の名作だ。この楽曲は音楽の可能性の極限に挑戦した。そして音楽には人間の深い悲しみを表現する力があるということを証明した。

この曲の歌詞の凄さは「沈黙(静寂)」を擬人化したことであろう。深い悲しみのあまり沈黙を友として生きる「引きこもり」の主人公は、沈黙(静寂)と語り合いたいと願う。もちろん、そんな夢が実現するはずのないことは彼(彼女)にも痛いほどわかっている。しかしその夢は彼(彼女)にとって唯一の希望なのだ。

間奏における管弦楽の爆発はあまり評判がよくない。ボーカル部分と間奏部分との音量の差が激しすぎて、バラードの小品を無理やりプログレッシブ・ロックの大曲に仕立てたような印象を与えるからだ。しかしそうではない。それは作曲家の意図なのだ。「沈黙」を歌うバラードであるがゆえに、沈黙の裏側の「欲動」を表現する間奏は饒舌でなければならなかった。ボーカル(言葉)が沈黙し、管弦楽に主役の座を譲るとき、彼(彼女)の意識も背景に退き、無意識の欲動が駆けめぐる(注1)。それは言葉にできない悲しみかもしれないし、言葉にできない怒りかもしれない。あるいは、言葉によって疎外されないゆえに自分らしく振るまえる喜びかもしれない。

もし彼(彼女)が「沈黙(静寂)」と語り合うことができるなら、二人がコミュニケーションに使うのはおそらく「欲動」の渦であろう。沈黙には言葉がないからだ。そう考えると、この間奏は二人のありえない「語り合い」を表現しているともいえるだろう。

(注1)言葉の消去と欲動の爆発。この手法にはおぼえがある。それは「崖の上のポニョ」で、ポニョの欲動が海底世界のエネルギーを解き放ち、高潮を引き起こすところだ。

Alan Parsons Project - Silence And I

アイ・イン・ザ・スカイアイ・イン・ザ・スカイ
(2013/07/24)
アラン・パーソンズ・プロジェクト

商品詳細を見る
   
テーマ * アート ジャンル * 学問・文化・芸術

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 まず深呼吸、一歩引いて気楽に行こう, all rights reserved.

盛々夏野菜

Author:盛々夏野菜

男性、既婚、事務系サラリーマン。
現代思想フェチだが、本を読むのが遅いのであまり多くは読めない。地底人生活を経て現在は臨床心理に関心がある。新鮮な胡瓜が好き。
VBA Expert Standard Crown
VBA Expert Standard Crown

未分類 (1)
思想とメンタルヘルス (34)
シアター (8)
シネマ (0)
ミュージック (4)
デジタル (2)
自分を苦しめない暮らしかた (19)
全体は部分に優先する (9)
高橋和巳 (3)
アラン『幸福論』 (2)
自我の二重化という手法 (2)
鄭義信 (8)
浜田麻里 (4)
外国文学 (1)
日本文学 (10)
政治 (9)
マスコミ (3)
疑似科学・擬似医学 (3)
石原加受子 (2)
掌編小説 (7)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。