きゅうり

 

盛々夏野菜のハードエッセイ & ショートストーリー 【思想、心理、書評、劇評、感想、あらすじ】
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こちらに引っ越しました。











ぼくに炎の戦車を』を観てきた。

男寺党(ナムサダン)の目も彩な民族衣装、サムルノリの演奏、サンモノリの美技に圧倒されて、俺は幕開けからすでにトランス状態になっていた。

今回は『焼肉ドラゴン』や『パーマ屋スミレ』のような緊密な構成の戯曲ではなくて、いくつものエピソードが同時進行で進み、各俳優に見せ場を作る手法が使われている。これも鄭さんお得意の作劇術のひとつだ。

主役級の男優陣は、今回、体当たり・絶叫型の演技で気を吐いている。
馬渕英俚可安寿ミラという手練れの女優陣は、こなれた芝居で舞台をひきしめている。
もっとも俺の印象に残ったのは、鄭義信(チョンウィシン)ワールドの常連といえるおかまキャラを演じきったイ・ヒョンウンと、今や鄭義信作品に欠かせない存在となりつつある星野園美だった。そして広末涼子。派手さや器用さは感じられないけれど、ていねいな役作りをコツコツと積み重ねた堅実な芝居で、一座を牽引していた気がする。この三人の存在感はきわだっていた。

シリアスな重たい場面のあとに歌と踊りのシーンが挿入され、一瞬として観客を飽きさせない構成はいつもどおり。しかしこういうシーンにも批評精神は生きている。たとえば一幕三場の「東京節(パイノパイノパイ)」。植民地の日本人が帝都の情景をコミカルに歌うシーンは、「支配する側」に属する人びとのの無意識の驕りを露出する。そういえば平田オリザ氏の『ソウル市民』にもこの歌は出てくる。

朴勝哲(パクシュンチョル)の今回の演奏はアコーディオンではなくてジャズピアノ。

男優、女優を問わず水をガブ飲みさせたり、食物を頬張ったまま長ゼリフを喋らせ、俳優に負荷をかける演出は今回も健在だった。出番が終わった途端にトイレにかけこむ俳優さんの姿を想像してしまう。しかし、すぐれた俳優さんほど、肉体的負荷がかかったときにいい芝居をすることも事実なのだ。

こうして、見どころ満載の舞台なのだが、俺がこの公演の最大の成果と思っているのは、東京のど真ん中、赤坂、TBSの劇場(赤坂ACTシアター)に、大日本帝国による朝鮮支配の歴史をひっぱりだしたことだ。しかもそこは外務省の目と鼻の先なのだ。終幕で、草彅剛演じる柳原直輝は演説する。「先生は君たちを、朝鮮の人たちを愛しています。そして、そのことが……愛することが、今の朝鮮では認められないことであります。許されないことであります。けれど、先生は愛することをやめたわけではありません」これは決して清算済みの過去ではない。なぜなら、今、俺たちが同じことを言うにも勇気が要るからだ。直輝のように命を懸ける必要はないとしても、さまざまな人の思惑を気にしたり、場合によっては議論を受けて立つ覚悟をする必要がある。では、なぜいまだにそうなのか。そのことを深く考えるのに、今回の劇場はうってつけの場所だった。

『焼肉ドラゴン』、『パーマ屋スミレ』、そして本作と、政治の問題を正面からとりあげてきた鄭さんの直球勝負はどこまで続くのか。終演後、鄭さんにその話をしたら、こういうハードな作品はすこしお休みだと言っていた。雑音の集中砲火をかいくぐってのしんどい作業だったのだろう。今後しばらくは、鄭さんの本領である極上のエンタテインメントを楽しもう。すでに来年春、同じ赤坂ACTシアターの公演『しゃばけ』(畠中恵原作)も決まっている(チラシはこちら)。しかしすこし休んだら、やはりど真ん中ストレートの直球勝負を観せてほしいと願ってしまう。 
スポンサーサイト
テーマ * 演劇 ジャンル * 学問・文化・芸術

 

 

 

 
鄭義信(ちょん・うぃしん)さん作・演出の『ぼくに炎の戦車を』が、TBSの赤坂ACTシアターで11月3日から始まっている。主演は草彅剛。

鄭さんの作品は長いこと観ているけど、今回の人気はすごい。メディアも反応している。

座席はもちろん完売。

戯曲の掲載されている『悲劇喜劇12月号』が発売日の11月7日になっても近くの書店に出ないので不思議に思っていたところ、すでに品切れ。俺が書店に行けない昼間のうちに売れていたのだろう。通販でかろうじて手に入れた。

NHK EテレのETV特集で11月25日の22時から「日韓 記憶のシナリオ ~劇作家・演出家 鄭義信~」が放送される。

AERAの最新号(11月19日発売)に鄭さんのインタビューが掲載される。


追記 12月1日現在、Amazonに悲劇喜劇12月号の在庫が2冊ある。

悲劇喜劇 2012年 12月号 [雑誌]悲劇喜劇 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/07)
不明

商品詳細を見る
 
テーマ * 演劇 ジャンル * 学問・文化・芸術

 

 

 

 
浜田麻里 Live Tour 2012 “Legenda”がBSフジで放送される。
11月18日(日)25:00~25:55
11月24日(土)28:00~28:55(再放送)

番組情報ページ

追記 曲目リスト
01 Crisis Code
02 Crimson
03 Antique
04 Heartstorm
05 Momentalia
06 Blue Revolution
07 Paradox
08 Fantasia 
テーマ * ハードロック ジャンル * 音楽

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 まず深呼吸、一歩引いて気楽に行こう, all rights reserved.

Author:盛々夏野菜

男性、既婚、事務系サラリーマン。
現代思想フェチだが、本を読むのが遅いのであまり多くは読めない。地底人生活を経て現在は臨床心理に関心がある。新鮮な胡瓜が好き。
VBA Expert Standard Crown
VBA Expert Standard Crown

未分類 (1)
思想とメンタルヘルス (34)
シアター (8)
シネマ (0)
ミュージック (4)
デジタル (2)
自分を苦しめない暮らしかた (19)
全体は部分に優先する (9)
高橋和巳 (3)
アラン『幸福論』 (2)
自我の二重化という手法 (2)
鄭義信 (8)
浜田麻里 (4)
外国文学 (1)
日本文学 (10)
政治 (9)
マスコミ (3)
疑似科学・擬似医学 (3)
石原加受子 (2)
掌編小説 (7)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。