きゅうり

 

盛々夏野菜のハードエッセイ & ショートストーリー 【思想、心理、書評、劇評、感想、あらすじ】
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
難解だった。

同じ作者の『ノストローモ』にも手を焼いた(若いころに二度挑戦したがいずれも途中までで挫折し、数年前に三度目でやっと通読できた)。
しかし、この作家については『ノストローモ』が一番難解というのが定説なので、本作『ロード・ジム』はもっと与しやすいだろうと高をくくっていた。

それが甘かった。あまりの難解さに、少しでも噛み砕かれた表現を求めて次の三種類の訳書、

(1)筑摩書房「世界文学全集46 ジョイス・コンラッド集」(矢島剛一訳)1970年
(2)講談社文芸文庫「ロード・ジム(上)」「ロード・ジム(下)」(鈴木健三訳)2000年
(3)河出書房新社「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集03 ロード・ジム」(柴田元幸訳)2011年

を取っ替え引っ替えしながら四分の一ほど読み進んだあげく、結局、「(1)をメインとし、(1)で詰まったところを最新訳の(3)で補いながら読む」という方針で、はじめから読み直すことにした。
(3)は最新の研究成果が盛り込まれていて、その点では信頼に足る訳だが、日本語の表現が硬くて、通読するには根気がもたないと思う。
(2)は(3)ほど硬くはないが、暗示だらけの本作を読むにはまだ難しすぎる。字面を見てただちに文の意図が拾えず、脳内の膨大な置き換え作業を要するため、疲労してすぐ眠くなってしまう。
(1)は硬い表現を解きほぐして熟した日本語に置き換えていくセンスにすぐれた労作である。本作はこれくらい噛み砕いてやっと読めるようになる(しかし「やっと」だ。依然として難しい。何度も「もっと噛み砕いてよ」と叫びたくなる)。

さて、通読してみて、あらためて凄い作家に出会ってしまったという確信を深くした。一文一文のクオリティが途轍もなく高い。小説の言説なるものについて俺たちの抱いているはかない固定観念を次々と打ち砕き、アクロバティックな言葉の「芸」を繰り出してゆく。

作者は(1)伝統的な小説と同じ「神の視点」、(2)マーロウの視点による語り、(3)別の視点人物群の証言にもとづくマーロウの語り、(4)マーロウの手紙 という複眼的な手法で、ジムという致命的な欠陥をもったヒーローの肖像を描きだす。

各視点人物に固有のバイアスがかかった語りの交錯を透かして、ジムの肖像が立体的に浮かび上がる。
それは、無類の勇気と克己心をもちながらも、見境なく空想の侵入を許してしまう性格のために、最後まで幸福に生きることのできなかった、底抜けに無器用な男の悲劇だ。しかし彼の存在は、彼とかかわった視点人物たちが述べる彼への同情または批判を通じて、その人物たち自身の救いようのない欠点を逆照射してみせる。
ジムはたしかに一面嗤うべき人物であった。しかし彼を嗤う者は、彼を嗤うことによって自分の愚かさを露呈する。
語り手のマーロウは、ジムを決して神話的人物に祀り上げたりはしないが、愚かでも愛すべきこの人物に対する共感を失うことはない。ジムの悲劇的な人生に救いがあるとすれば、それはマーロウに見守られつづけたことであろう。

ところで、フォークナーの『アブサロム、アブサロム!』を読んだことのある人は、姉妹篇と言いたくなるほど本作と似ていることに気づくだろう。暗示的な手法、致命的な欠点をもつヒーロー、さまざまな視点人物の交代、アクロバティックな語り、後日譚で明かされる悲劇……。フォークナーが本作を強く意識していたことは間違いない。もし異なる作家の作を姉妹篇と呼ぶことが許されるのならば、この二作は世界文学史上屈指の姉妹編といえるかもしれない。 
スポンサーサイト
テーマ * 書評 ジャンル * 本・雑誌

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 まず深呼吸、一歩引いて気楽に行こう, all rights reserved.

Author:盛々夏野菜

男性、既婚、事務系サラリーマン。
現代思想フェチだが、本を読むのが遅いのであまり多くは読めない。地底人生活を経て現在は臨床心理に関心がある。新鮮な胡瓜が好き。
VBA Expert Standard Crown
VBA Expert Standard Crown

未分類 (1)
思想とメンタルヘルス (34)
シアター (8)
シネマ (0)
ミュージック (4)
デジタル (2)
自分を苦しめない暮らしかた (19)
全体は部分に優先する (9)
高橋和巳 (3)
アラン『幸福論』 (2)
自我の二重化という手法 (2)
鄭義信 (8)
浜田麻里 (4)
外国文学 (1)
日本文学 (10)
政治 (9)
マスコミ (3)
疑似科学・擬似医学 (3)
石原加受子 (2)
掌編小説 (7)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。